人気の軽自動車を
交渉不要で安く手に入れる!

人気の軽自動車、大幅値引きは期待できるのか?

ホンダNboxやN-ONE、ダイハツ・ミラ、スズキ・ワゴンRやスペーシアといった軽自動車が人気です。
2013年の登録台数は200万台に達する見込みで、これは国内市場の約4割を占めるというイキオイ。
燃費や税金など、経済的にとてもお得な車でありながら、昨今はパワーや使い勝手も格段に向上しているからでしょう。
それだけ人気の軽自動車ですから、値引き交渉についてもどこのメーカーも強気の姿勢です。
具体的な値引き金額としては…
------------------------
スズキ・スペーシア 5万円程度
ホンダ・NBOX N-ONE 8万円程度
スズキ・アルト・エコ 5万円程度
トヨタ・ピクシススペース 6万円程度
------------------------
といった数字が目標の目安になるでしょうか。
もともとの販売価格がそんなに高価ではない、ということもありますから、ある意味でしかたがないことかもしれません。
それでは、この程度の値引きで手を打ちますか?

エコカー減税はどのくらお得になるのか?

今や常識になりつつあるエコカー減税

「これを使うと、車種によっては数十万円も得することがあるらしいじゃないか。
 人気の軽自動車でもこの制度は使えるでしょ?」

車種によってはもちろん使えます。
50%減税、あるいは75%減税といった恩恵が受けられます。
しかしながら、もともとの税金が安いのが軽自動車です。
つまり、そこから減税されても、金額としてはそんなに大きな金額になりません。
具体的にホンダNBOXカスタムを例に出すと、エコカー減税で優遇される金額の合計は36,200円です。
トヨタ・プリウスの場合だと、最大60万円以上の優遇が受けられますが、もともとが安い軽自動車ではそんな金額の優遇はムリ、ということです。

手持ちの車の手放し方で金額に差がでる!

人気の軽自動車、値引き交渉も限界があるし、エコカー減税の金額も少額だ(涙)。
もし、今、手持ちの車があって、それを下取りに出そうとしているならば、まだチャンスがあります。
まず、下取りに出すのをやめましょう
下取りといっても、ディーラーからすれば、「値引きの一環サービス」として行っているところがほとんど。
なぜなら、新車ディーラーが中古車を引き取ったとしても、その転売先は限られているからです。
つまり、下取りに出してもたいした金額にならない、というのが現実です。
そこでどうするかというと、買取業者に売却すればいいのです。
買取業者はそれが専業ですから、引き取った後の転売ルートをたくさん持っています。
車種によっては外国で高値をつけることもありますから、そういう場合は輸出もします。
もちろん、そのような市場の動向は買取価格にも反映されるので、「下取りでは二束三文」だった車に以外な高値をつけることもあるわけです。
しかも、買取専門業者はひとつではありません。
複数ありますから、数社で相見積もりを取って、高値で売却すればよいわけです。
ただ、その場合、複数の業者への見積もり依頼や交渉といった手間が発生しますね。

「そんなのは面倒」


という悩みを解消してくれるのが、車買取一括見積りサービスです。
車種や年式など、今使っている車の情報を一回入力するだけで、最大10社からの見積もりを一括依頼できるのです。
あとは、最高値で売却すればOK
見積もり依頼なネットで必要事項を記入するだけ、わずか1分で完了です。
お申込はこちらから▼▼▼
一括見積もりの詳細を知りたい方はこちら ▼▼▼

IT用語