軽自動車で高速道路、バッチリですがちょっと疲れるかも...

軽自動車といえども、高速道路は普通に走れます。
高速料金も一人前です。
普通乗用車やトラックがびゅんびゅん飛ばしているのを尻目に、マイペース(?)で走る姿は、良く見られる光景です。

実際に走ってみると分かるものですが、大型車やトラックの隣などでは、ちょっとサイズ感の違いを実感します。
そして、あたりまえですが、決してスポーツタイプの車と張り合わないことです。
「お先にどうぞ」の気持ちで、安全運転に徹することです。
また、軽自動車では高速道路の走行で、疲れやすさも倍加するというのは、多くのドライバーが実感していることです。
カーブなどで案外と強い横Gがかかり、腰や首への負担が大きくなるのかも...とも言われますが、やはり小さなボディで高速走行するストレスって大型車よりもあるのだと思います。

高速道路を楽に軽自動車で走るコツ

高速道路を快適に走行するには、ドライビングポジションが重要となります。
軽自動車の場合は、特に重要さが増します。
車に乗り込んだら、姿勢を正すのと同時に、体をシートに密着させるようにすることが肝要です。
腰と背もたれ、膝の裏と座面とのスペースをなるべく空けないようにするのです。
ハンドル(ステアリング)は、両手で優しく握り、左右の腕が開いた角度が100度位になるように位置を調整しておきます。
高速道路の走行時だけでなく、普段から正しいポジションを体に覚えさせておけば、疲れにくくなり、急ブレーキなどの緊急時への操作へも迅速に対応できるなど、メリットも多いものです。
あと、走行中にSAが見えてきたら早速立ち寄ろうなど、こまめに休息を取ることも、快適な安全運転には欠かせません。

人気の軽自動車を安く手に入れる以外な方法

ところで軽自動車を安くお得にゲットする秘策をご存知ですか?
軽自動車はなかなか値引きしないのが常識です。
つまり、そこを攻めてもあまり成果は得られません。
では、どういう方法で安く手に入れるのか?

エコカー減税でもなく、補助金でもなく、ムリな値引き交渉でもないその方法は、ある条件を満たせば誰でも行使することができます。
その方法を使えば、交渉の手間もなく、場合によっては数十万円の違いが生まれたケースも実際にあります。
その方法とは?? →→クリック
IT用語