トップ > マフラー > マフラー交換、自分でもできる?

マフラー交換、自分でもできる?

N-ONE用のマフラーは、純正品の他に、カー用品店などにも適当なものがあるので、確認の上で購入すると良いでしょう。
ネット上では、ヤフオフなどのオークションサイトに出品されることもあります。
中には業者と思しき出品者もいて、質の良いものをリーズナブルに購入する可能性も無きにしも非ずです。

N-ONEに合うマフラーは、カー用品店などで購入して交換してもらうのが一般的なのでしょうが、工具をそろえて自分で交換するのもアリです。
車の下に潜っての作業なので、難しそうに見えますが、ジャッキスタンドでジャッキアップして固定した上で、ラチェットレンチがあれば、それほど難しいことはなく交換作業はできます。
注意すべき点は、作業はコンクリート上の平らな場所でジャッキアップすること、正しく安全にジャッキスタンドを使うこと、それに汚れても構わない服装で作業を進めるのは言うまでもないでしょう。

人気のN-ONEを安く手に入れる以外な方法

ところでN-ONEを安くお得にゲットする秘策をご存知ですか?
N-ONEはなかなか値引きしないのが常識です。
つまり、そこを攻めてもあまり成果は得られません。
では、どういう方法で安く手に入れるのか?

エコカー減税でもなく、補助金でもなく、ムリな値引き交渉でもないその方法は、ある条件を満たせば誰でも行使することができます。
その方法を使えば、交渉の手間もなく、場合によっては数十万円の違いが生まれたケースも実際にあります。
その方法とは?? →→クリック
マフラー
ホンダN-ONEのマフラーを交換してバージョンアップした走りを楽しみたいという人がいます。

前の記事 | 次の記事

関連記事
【関連コンテンツ抜粋】
●ホンダN-ONEの楽しみ方のひとつにカスタムがあります。純正でも数多くのカスタムパーツが用意され、さらにMUGENなどのパーツも組み合わせれば、自分だけの「オンリーワン」が楽しめます。・・・    ●N-ONEにはミドルクラス・セダンで使われているような防音材が使われているのでスピーカーサウンドも快適に楽しめます。・・・    ●ホンダN-ONEはNシリーズ第一弾N-BOXに続く次世代感覚の軽自動車。往年の名車HONDA-N360を彷彿とさせるデザインは、シニア層には昭和レトロを思い出させ、若い世代には従来の軽にはない新鮮な衝撃を与えています。・・・    ●ホンダN-ONEのマフラーを交換してバージョンアップした走りを楽しみたいという人がいます。・・・    ●N-ONEのワイパーサイズは運転席側が475㎜、助手席側が375㎜。純正品では、運転席側のワイパーでは同じくホンダ・インスパイヤCP3の助手席用、助手席側ではRK系ステップワゴンのものが、サイズ的には合致します。 ・・・    ●ホンダN-ONEの価格はいくらから?値引き相場はどれくらい?…価格についての情報です。・・・    ●ホンダN-ONEは人気が非常に高いので値引きが非常に困難? いえいえそれなりの知恵を絞れば有利な値引き交渉も…。・・・    ●ホンダN-ONEの燃費はカタログ記載の数値を見るとノンターボ車で27㎞/L。さて実燃費の数値はいかに?・・・    ●発売当初は月間の受注台数が約2万5千台に上ったほどの人気車、その納期は?・・・    ●ホンダN-ONEは先行車のN-BOXの弟分として発売前から注目度が高く、「並の(あるいは普通の)軽自動車とはひと味違う」という評価を広くから受けています。・・・   
IT用語