トップ > カスタム
ホンダN-ONEの楽しみ方のひとつにカスタムがあります。純正でも数多くのカスタムパーツが用意され、さらにMUGENなどのパーツも組み合わせれば、自分だけの「オンリーワン」が楽しめます。

N-ONEをカスタムで楽しむ

一般的にカスタムとは、要は愛車を改造して楽しむことです。
エアロパーツを着けたりと、少々カネのかかる大人の遊びとしての一面もあります。
軽自動車のN-ONEも、ホンダの手にかかれば、いっぱしのカスタムカーへと早変わりです。
ホンダMUGEN Racing N-ONE Conceptは、東京オートサロン2013において、カスタムカーコンテストのコンセプトカー部門で、最優秀賞に選ばれています。
この賞は来場者の投票で選ばれるもので、ホンダの車作りが高く評価された格好です。
会場での注目度の高さを見れば、当たり前の結果と言えるのでしょうが、それにしても快挙には違いありません。

N-ONEは、個性的なエクステリアが評判となっていますが、MUGENはカスタムで勝負するために開発されたようなクルマです。
大型リヤウィング、張り出しフェンダー、サイド出しマフターと、さながらレーシングカーの様相を呈しています。

ホンダの車のことは知り尽くた無限カスタム

もともと「無限/MUGEN」は本田宗一郎の長男が設立した会社。
なので、ホンダの車のことは知り尽くしているといってよいでしょう。
そのMUGENバージョンのエクステリアを見ると、1960年代のN360レースをほうふつさせるという人は多いようです。
これはやはり無限の歴史からすれば当然なのですが、レトロさを感じさせる外観は、若い人にもなかなかに評判がよろしいようです。
スタイリッシュなクルマが幅を利かせている状況下、N-ONEはあえて我が道を行くと言わんばかりです。
もちろん、N-ONEは、見かけ倒しのクルマなどではありません。
MUGENを見ても分かる通り、走りにおいても、カスタムカーとしての実力は十分です。
フロント4POTのブレーキ、190/580R16のレーシングタイヤ、16インチのホイール、シーケンシャルタイプのトランスミッション、車内に装備されたロールケージ等々、細部にわたって本格的なレース仕様です。
将来的にはエアロパーツの市販もあり得るということで、ファンには要チェックの1台です。

人気のN-ONEを安く手に入れる以外な方法

ところでN-ONEを安くお得にゲットする秘策をご存知ですか?
N-ONEはなかなか値引きしないのが常識です。
つまり、そこを攻めてもあまり成果は得られません。
では、どういう方法で安く手に入れるのか?

エコカー減税でもなく、補助金でもなく、ムリな値引き交渉でもないその方法は、ある条件を満たせば誰でも行使することができます。
その方法を使えば、交渉の手間もなく、場合によっては数十万円の違いが生まれたケースも実際にあります。
その方法とは?? →→クリック
IT用語