トップ > ワイパーサイズ
N-ONEのワイパーサイズは運転席側が475㎜、助手席側が375㎜。純正品では、運転席側のワイパーでは同じくホンダ・インスパイヤCP3の助手席用、助手席側ではRK系ステップワゴンのものが、サイズ的には合致します。

N-ONEのワイパーサイズは少しややこしい

N-ONEを安全に運転するには、何にもまして、運転席から見える前方の視界が良好であることが不可欠なポイントです。
ワイパーが劣化して拭きむらが生じたり、びりびり音がしたりするようなら、特に雨天時には視界が乱れる原因となり、時として非常にリスキーなので、事故防止のために是非とも交換が必要です。
交換の際には、サイズが合っていなければならないことは言うまでもありません。
同じホンダ車で使っていたもので、サイズが同じであれば、そのまま流用して使えそうなものです。
ところが、ホンダの場合、N-ONEなど、軽自動車用は、従来からあるワイパーフレームが、今でも使われています。
同じホンダでも、他車が樹脂製に切り替わっていることを考えると、N-ONEがここまでレトロとは驚異的とさえ言えます。
そこで、流用して使えるかどうか、ワイパーサイズの比較する必要が生じます。
N-ONEのサイズでは、運転席側が475㎜、助手席側が375㎜です。
カー用品店などでの購入の際に、参考にすると良いでしょう。
ちなみに、純正品では、運転席側のワイパーでは同じくホンダ・インスパイヤCP3の助手席用、助手席側ではRK系ステップワゴンのものが、サイズ的には合致します。
適当なサイズのものがあれば、購入したカー用品店なりディーラーなどで交換してもらえますが、自分でも特に工具は使わずに簡単に交換ができます。
N-ONEのワイパーは、アーム、ブレードに分解できます。
ブレードのノブを押し上げれば、アームから外れます。
ワイパーゴムは、ストッパーで固定されているだけなので、簡単に取り外して交換ができます。
大工仕事が苦手という人でも、短時間かつ簡単に作業ができるでしょう。

人気のN-ONEを安く手に入れる以外な方法

ところでN-ONEを安くお得にゲットする秘策をご存知ですか?
N-ONEはなかなか値引きしないのが常識です。
つまり、そこを攻めてもあまり成果は得られません。
では、どういう方法で安く手に入れるのか?

エコカー減税でもなく、補助金でもなく、ムリな値引き交渉でもないその方法は、ある条件を満たせば誰でも行使することができます。
その方法を使えば、交渉の手間もなく、場合によっては数十万円の違いが生まれたケースも実際にあります。
その方法とは?? →→クリック
IT用語