ダイハツ新型ムーブについて

ダイハツが2012年末にリリースした新型ムーブは実質的にはフルモデルチェンジとも呼べる進化型軽自動車です。

注目エントリー【燃費】

エコ運転の基本アイドリングストップ機能も進化しました。

さて、燃費をどんな車でも伸ばすことができるのがアイドリングストップですが......。

ムーブのアイドリングストップは一歩進んでいます。

エコアイドルと言われるこの機能は車が完全に停止する少し前にエンジンを切ってクラッチを切ってしまうというものですが、クリープ現象で進んだり少しアクセルを踏み足さないと行けないような場面で威力を発揮します。

クラッチを切ってしまうので車の進行に対する抵抗は路面からの摩擦と空気抵抗のみになります。

エンジンの抵抗というのはエンジンブレーキを想像していただければわかるとおもいますが想像以上に大きいのです、止まる寸前にエンジンとクラッチを切ってしまうと、転がりやすくなるうえに早くからアイドリングストップを行えるので燃費向上にとても宅脱のです。

ダイハツムーブの燃費向上に対する試み

さて、29km/Lと言う素晴らしい燃費を誇るムーブですが......もちろんこの数字は簡単に出すことのできるものではありません。

ムーブの機構で独特なのがサーモマネージメント技術でしょうか。

車は熱くなりすぎてももちろんダメ(オーバーヒート)ですが冷えすぎても効率が大きく下がります(オーバークール)因みにエンジンもそうですが金属でできており、オイルに満たされているトランスミッションも熱の影響を大きく受けます。

その熱に因る影響をなるべく小さくしようと、温度をコントロールしようと考えられたのがダイハツのサーモマネージメント技術です。

車はエンジンの出力の実に1割以上を駆動系でロスしているといいます。

そのロスを極限まで減らすことで燃費を伸ばそうという思想は実にスマートですね。

ダイハツ・ムーブの実燃費は伸びるのか

ダイハツ・ムーブは今でさえアルト・エコにNo.1の座を奪われてしまいましたが、
発売当初はクラスナンバー1の誇っていました。

軽自動車は出力が小さいため乗り方でなどで大きく燃費が変わってしまいます。
そこで実燃費をレビューを元に調べてみました。

すると17~19km/Lぐらいのようです。

ライバルのワゴンRが18km/L~20km/L前後ですのでほぼ同一ということになります。

ムーブの場合安全装備に力が入っているので車重が少し重いことが燃費が少し伸びない要因でしょう。

人気のダイハツムーブを安く手に入れる以外な方法

ところでダイハツムーブを安くお得にゲットする秘策をご存知ですか?
ダイハツムーブはなかなか値引きしないので有名です。
つまり、そこを攻めてもあまり成果は得られません。
では、どういう方法で安く手に入れるのか?

エコカー減税でもなく、補助金でもなく、ムリな値引き交渉でもないその方法は、ある条件を満たせば誰でも行使することができます。
その方法を使えば、交渉の手間もなく、場合によっては数十万円の違いが生まれたケースも実際にあります。
その方法とは?? →→クリック

IT用語