トップ > 情報 > スマートアシストはなぜこの価格を実現できたのか?

スマートアシストはなぜこの価格を実現できたのか?

さて、ムーブの事故防止装置であるスマートアシストですがなんとベース車両+5万円で用意されています。

スバルのEye-Sightのおよそ半額ですね。

にも関わらず自動ブレーキ機能や、誤発車防止機能、横滑り防止機能までついています。

かなり攻めの価格設定はおそらくこの機能に対する利益はある程度無視し、そもそも標準装備で装備しないVerだと5万円値引きしますよ~と言った感じなのでしょう。

あとはレーザーレーダというこの類の装備では最も廉価な仕様で、機能を最低限に絞ったためでしょう。

カメラや超音波センサーなどは精度がかなり上がりますが、コストが上がってしまうので、渋滞などの極低速度域での動作に絞れば必要十分な同方式を採用したのでしょう。

人気のダイハツムーブを安く手に入れる以外な方法

ところでダイハツムーブを安くお得にゲットする秘策をご存知ですか?
ダイハツムーブはなかなか値引きしないので有名です。
つまり、そこを攻めてもあまり成果は得られません。
では、どういう方法で安く手に入れるのか?

エコカー減税でもなく、補助金でもなく、ムリな値引き交渉でもないその方法は、ある条件を満たせば誰でも行使することができます。
その方法を使えば、交渉の手間もなく、場合によっては数十万円の違いが生まれたケースも実際にあります。
その方法とは?? →→クリック
情報
ダイハツ新型ムーブのついての情報やコラム。

前の記事 | 次の記事

関連記事
【関連コンテンツ抜粋】
IT用語