スズキ・スペーシア(spacia)について

スズキのニューモデル(新型車)スペーシア。もともと主力車だった「パレット」のフルモデルチェンジとも後継機種とも言われます。

注目エントリー【燃費】

スペーシアの実燃費はどれぐらいになるのでしょうか

ハイトワゴンにして29km/Lという驚異的な低燃費を掲げているスペーシアなのですが、実燃費はどれぐらいなのでしょうか。

残念ながらまだ実際の燃費のデータを見つけれてないですし、試乗もかなっていないのですが同じスズキのアルトエコや、ワゴンRの実燃費から予想してみましょう。


アルトエコは、エコ運転を心がけると街乗りで17km/L〜20km/L程度、ワゴンRは15km/L〜18km/L程度だそうです。
これは軽量化や、スズキグリーンテクノロジーが採用されたスペーシアなら20km/Lを切るか切らないか程度と多くの方が予想しており、私も同じ意見です。

高速道路での定速巡航においてはアルトが27km/L程度ワゴンRは24km/L程度とのことです。
こちらはスペーシアはハイトワゴンであり、空力的に不利なのでワゴンRより少し悪いぐらいではないかと予想されます。

あくまでも机上の空論であるので早く実データがほしいですね。

スペーシアの航続距離

最近の軽自動車全般に言えることなのですが、燃料タンクが小さいです。

これは、カタログにある燃費表示は燃料を満タン状態から測るため、少しでも総重量を軽くして、燃費を向上させるためだと言われています。

現在燃費計測基準に用いられているJC08モードというのは以前使われていた10・15モードと比較して、より実用に近く厳しいものとなっています。特に暖機運転なし、10モードと比較して急激な加速度など。(と言っても実走行に比べたら非常に優しい条件ですが・・・)

そこで特に軽自動車は車重も軽くエンジンも非力なため少しでも軽くし、特に加速時での燃費を向上させるために燃料を減らしています。

スペーシアの場合は燃料は27LでJC08モードで29km/Lなので約800kmの航続距離であり、平均的な普通車と同じ航続距離となっていますが・・・実燃費で考えると500km程度かと思われます。

あれ?燃料タンクが小さいのによく距離が出るじゃないですか!!

という事で心もとないようで十分の燃料がいれれますよ!

低燃費の要、副変速付CVTとは・・・?

最近の車のトレンドとなりつつある副変速機付のCVTですがそもそもどういったものなのでしょうか。

そもそもCVTというのは、原動機付自転車などに使われている変速機です。

簡単な構造としては三角すいのような筒にベルトがかかっており遠心力でベルトが移動しギヤ比が変わるという仕組みです。

しかしこれではギヤ比の幅が縛られてしまい、発進時と高速巡航時に特化したギヤ比が組みにくくなってしまいます。

これに普通のAT同じように、変速用のギヤを組み合わせたのが副変速機付きのCVTです、これによって軽い加速と、低いエンジン回転数での巡航が可能となったわけです。

人気のスペーシアを安く手に入れる以外な方法

ところでスペーシアを安くお得にゲットする秘策をご存知ですか?
スペーシアはなかなか値引きしないのが常識です。
つまり、そこを攻めてもあまり成果は得られません。
では、どういう方法で安く手に入れるのか?

エコカー減税でもなく、補助金でもなく、ムリな値引き交渉でもないその方法は、ある条件を満たせば誰でも行使することができます。
その方法を使えば、交渉の手間もなく、場合によっては数十万円の違いが生まれたケースも実際にあります。
その方法が使える条件は、下取りに出すクルマがあること。下取り車があるなら今すぐクリック♪→→ズバット車買取比較


IT用語