トップ > 2013年5月

スズキ・スペーシア(spacia)

スズキのニューモデル(新型車)スペーシア。もともと主力車だった「パレット」のフルモデルチェンジとも後継機種とも言われます。

新着情報【2013年5月】

スズキのスペーシアは、発売からまだ日は経っていない状況で、燃費が良く広い室内ということで、高い人気をキープしています。 こういったクルマは、値引きが難しいとされますが、それでも購入に当たっては交渉の余地はあります。 スペーシアは、nboxのことを意識して開発されたという意見は多く、軽ではトップクラス...

値引き[2013年5月 9日UP!]

口コミや体験談を見ると、スペーシアの値引きに関しては、3〜5万円が相場であるようです。 5万円でもささやかな金額ですが、現状では、それが限界なのかもしれません。 新車購入に当たり、値引きを引き出すには何点かテクニックがあると言われます。 雑誌やネットで、その方法が挙げられたり特集が組まれたりすること...

値引き[2013年5月 9日UP!]

スズキが公表しているところによると、スペーシアの燃費は、JC08モードで29.0㎞/Lと、ハイトワゴンの中では、もちろんトップクラスにランキングされます。 29と30に肉薄する高数値でありますが、実燃費は当然これを下回ります。 スペーシアに限らず、実燃費は車の性能以外にも、走り方によっても違ってきま...

実燃費[2013年5月 9日UP!]

スペーシアのカタログは、表紙に堀北真希をバックに配置し、子育て世代の女性はもちろん、男性陣にも評判は上々のようです。 それはさておき、カタログを眺めていくと、スズキの軽に対する最近の考え方が垣間見られるようでもあります。 多く指摘されるように実質的に、スペーシアは、同じくスズキのパレットの後継車と目...

カタログ[2013年5月 9日UP!]

スペーシアは、英語の「space」に由来し、広いクルマをうたっているであろうことは、英語を習いたての中学生にも想像できそうなものですが、広いクルマといっても、なかなか小気味よい動きをしてくれます。 カタログによると、最小回転半径は4.2mで、これまたトップクラスの取り回しの良さです。 坂道発進も、ス...

カタログ[2013年5月 9日UP!]

ズズキのスペーシアは、発売早々、人気が高いようです。 軽自動車は、最早ワンランク下のチープなクルマなどではなく、ショッピングにレジャーに、普通小型車との境界は薄れつつあります。 口コミで評判は上々の状況を見るに、グレードアップ版のカスタム車は、内装も外装も、スペーシアをゴージャスにしたバージョンであ...

カスタム[2013年5月 9日UP!]

先行車と目されるパレットの場合もそうでしたが、カスタムはスペーシアに上級装備を装着した格好になっています。 エアロパーツがボディー周りに装着され、内装はブラックを基調とし、ゴージャス感があります。内も外も、相当に磨き上げられた観を呈しています。 カスタムは寸法的に、スペーシアと同等です。 ただ、ウィ...

カスタム[2013年5月 9日UP!]

スペーシアは、一面ではスズキのテクノロジーが濃縮されているようなクルマです。 例えば、独自のエネチャージを搭載し、エンジンの負荷を抑えつつ走りも向上させています。 ボディーも、軽量でありながら、素材も構造も強化された独自の「テクト」を採用し、実燃費向上に直結しています。 さらに、オプションでUV+I...

実燃費[2013年5月 9日UP!]

最近の軽は、スタイリッシュになった上に性能も良くなったと評判が高まり、人気が高まっているようです。 その両横綱として、スズキのスペーシア、ホンダのnboxを挙げることに、異論はないでしょう。 両車ともに全高が1700㎜超で、高い居住性が売りです。 数値的には、nboxの方が若干ながらリードしています...

スペーシアvsNBOX[2013年5月 9日UP!]

燃費については、JC08モードで、スペーシアの方が29.0㎞/Lとリードしています。 対して、nboxの方は、24.2㎞/Lです。 ホンダ某車のカタログに「燃費が良いだけ。そんな軽自動車は作りたくない。」とのキャッチコピーがありましたが、燃費については後手に回った格好になっています。 その他の点で、...

スペーシアvsNBOX[2013年5月 9日UP!]

スペーシアは、燃費が良くて広く使えるハイトワゴンとの触れ込みで、子育て世代をターゲットにしているものと目されます。 口コミや評論を生業とするプロによる試乗レポートをトレースするだけでも、実際の乗り心地が手に取るように伝わってくるかのようです。 走りに関しては、スペーシアはハイトワゴンとは言うものの、...

試乗[2013年5月 9日UP!]

スペーシアは、広いクルマということで評判ですが、それでいて、減速時に発電・充電するエネチャージ、独自開発の軽量かつ高強度のボディー「タクト」の採用で、燃費はJC08モードでクラストップの29.0㎞/Lに達しています。 時速13㎞以下になると自動的にアイドリングストップシステムが作動しますが、試乗者に...

試乗[2013年5月 9日UP!]

スペーシアのナビは、スマートフォン連携型です。 単に行き先を案内してもらうだけのツールに止まらず、アプリを追加して、車の中から多彩な可能性が広がります。 スペーシアに取り付けられる「スマートフォン連携ナビゲーション」は、メーカーオプションです。 画面の地図を拡大したり縮小したりといった基本動作も、タ...

ナビ[2013年5月 9日UP!]

ただ、メーカー純正品は、ナビでスマホ側のアプリを動作させる訳ではありません。 車両側の速度情報やGPSを取り込み、画面に反映させるには、スマホよりは車両側で操作を行った方が有利です。 スペーシアのナビは、バック時にも活躍します。 6.2インチのモニター画面に、車両後方の状況がガイドライン付きで表示さ...

ナビ[2013年5月 9日UP!]

スズキのスペーシアは、予想を上回る注文が殺到しているようで、納車までかなりの期間待たされる状況が続いています。 2013年3月に発売されたばかりという事情もあり話題性も高く、まだまだ注目度大ですが、景気回復の兆しがそこかしこに見られる昨今、景気回復を象徴する一出来事です。 スペーシアの納車までの時期...

納車[2013年5月 9日UP!]

スペーシアが、納車までに時間がかかる状態が続いているため、スズキでは、対策として、「パレット」を格安でリースできるシステムを提供しています。 注文した車が届けられるまで、月間12,600円でパレットを貸し出すというものです。 販売店にもよりますが、納車まで最大で12か月借りることが可能です。 確かに...

納車[2013年5月 9日UP!]

スズキのスペーシアは、G、X、Tのグレード別になっています。 本体は必須としても、セットオプションを付けるかどうかで、価格は上下しますが、G、X、Tの順で、価格はアップしていきます。 スペーシアの価格帯は幅がありますが、スタンダードタイプのグレードG 2WDが、税込みで約132万円、最高クラスとなる...

価格[2013年5月 9日UP!]

ナビ搭載のクルマは、今では普通に見られるようになりましたが、スペーシアは、ナビゲーションがスマートフォン連携型であることが特長的です。 オプションで取り付けを希望すると、価格はその分だけ高くはなりますが、使い勝手が良いと評判は高く、希望者は多くに上る模様です。 上記に挙げた価格は、ライバル車と比較し...

価格[2013年5月 9日UP!]

スペーシアは、前評判からして高く、発売直後から口コミが続々と生産されている状況です。 それだけ人気が高いということですが、体験談をいろいろを見ていくと「買って良かった」と思わしめるに十分に足るクルマであることがうかがえます。 スペーシアについては、試乗レポートがネットでも公開され、体験談に基づく口コ...

口コミ・評判[2013年5月13日UP!]

走行性能については、軽としてはトップクラスのレベルに達していて、概ね良好のようです。 ただ、加速時や坂道ではパワー不足を感じるという口コミは少なくなく、特に普通車から軽自動車への乗り換え組には、スペーシアといえども、少々の物足りなさを感じさせるのは宿命なのかもしれません。 燃費については、スズキ独自...

口コミ・評判[2013年5月13日UP!]

2013年3月 |

IT用語