トップ > 納車 > スペーシア納車待ち対策にパレット格安リースも

スペーシア納車待ち対策にパレット格安リースも

スペーシアが、納車までに時間がかかる状態が続いているため、スズキでは、対策として、「パレット」を格安でリースできるシステムを提供しています。
注文した車が届けられるまで、月間12,600円でパレットを貸し出すというものです。
販売店にもよりますが、納車まで最大で12か月借りることが可能です。
確かに、スペーシアはパレットの後続車としての趣があります。
性能的には、パレットをバージョンアップさせたような車であり、納車の日までメーカー自身が代替車として貸し出す苦肉の策は、ステップアップを誘導する点で功を奏していると言えます。

リースにかけた金額は、後日、スペーシアを契約すれば10万円分のオプションサービスとして還元されます。
購入に本気になっているオーナーにとっては、願ったりの話でしょう。
パレット格安リースは、スペーシア契約に関係なく、既定の料金を支払えば利用可能です。
この場合、キャッシュバックはありませんが、激安でレンタカーを借りたと思えば、期間限定ながら悪い話ではありません。

人気のスペーシアを安く手に入れる以外な方法

ところでスペーシアを安くお得にゲットする秘策をご存知ですか?
スペーシアはなかなか値引きしないのが常識です。
つまり、そこを攻めてもあまり成果は得られません。
では、どういう方法で安く手に入れるのか?

エコカー減税でもなく、補助金でもなく、ムリな値引き交渉でもないその方法は、ある条件を満たせば誰でも行使することができます。
その方法を使えば、交渉の手間もなく、場合によっては数十万円の違いが生まれたケースも実際にあります。
その方法が使える条件は、下取りに出すクルマがあること。下取り車があるなら今すぐクリック♪→→ズバット車買取比較

納車
スズキの新型軽自動車「スペーシア」の納車状況などについて。

前の記事 | 次の記事

関連記事
【関連コンテンツ抜粋】
●スペーシア・カスタムの発売は、2013年6月ですが、発売前から、ブログなどでかなり評判が立っています。先行車と目されるパレットの場合もそうでしたが、カスタムはスペーシアに上級装備を装着した格好になっています。 エアロパーツがボディー周りに装着され、内装はブラックを基調とし、ゴージャス感があります。内も外も、相当に磨き上げられた観を呈しています。・・・    ●スペーシアのカタログは、表紙に堀北真希をバックに配置し、子育て世代の女性はもちろん、男性陣にも評判は上々のようです。カタログを眺めていくと、スズキの軽に対する最近の考え方が垣間見られるようでもあります。・・・    ●2013年3月15日発売がスタートするスズキの新型軽自動車「スペーシア」は人気の背高ワゴン「パレット」がフルモデルチェンジした注目のニューモデル。・・・    ●最近の軽は、スタイリッシュになった上に性能も良くなったと評判が高まり、人気が高まっているようです。その両横綱として、スズキのスペーシア、ホンダのnboxを挙げることに、異論はないでしょう。・・・    ●スズキの新型軽自動車「スペーシア」のデザインについて。・・・    ●スペーシアのナビは、スマートフォン連携型です。単に行き先を案内してもらうだけのツールに止まらず、アプリを追加して、車の中から多彩な可能性が広がります。・・・    ●スペーシアの価格はグレードにより異なりますが概ね約130万円台から。・・・    ●スズキのスペーシアは、発売からまだ間がない話題車種。燃費が良く広い室内ということで、高い人気をキープしています。こういったクルマは、値引きが難しいとされますが…・・・    ●スズキ・スペーシア(spacia)の口コミにはどんな声が?評判はいかほどか?・・・    ●スズキが公表しているところによると、スペーシアの燃費は、JC08モードで29.0㎞/?と、ハイトワゴンの中では、もちろんトップクラスにランキングされます。29と30に肉薄する高数値でありますが、実燃費は当然これを下回ります。・・・    ●スズキの新型軽自動車「スペーシア」の燃費について。・・・    ●スズキの新型軽自動車「スペーシア」の納車状況などについて。・・・    ●走りに関しては、スペーシアはハイトワゴンとは言うものの、重心が低いため、安定したコーナリング姿勢がメリットです。試乗してみれば、普通小型車レベルの快適な走りが実感できるでしょう。・・・   
IT用語