トップ > カタログ
スペーシアのカタログは、表紙に堀北真希をバックに配置し、子育て世代の女性はもちろん、男性陣にも評判は上々のようです。カタログを眺めていくと、スズキの軽に対する最近の考え方が垣間見られるようでもあります。

スズキスペーシアのカタログ

スペーシアのカタログは、表紙に堀北真希をバックに配置し、子育て世代の女性はもちろん、男性陣にも評判は上々のようです。
それはさておき、カタログを眺めていくと、スズキの軽に対する最近の考え方が垣間見られるようでもあります。
多く指摘されるように実質的に、スペーシアは、同じくスズキのパレットの後継車と目されていますが、カタログを見ると、スペース的にゆったり感が高まったような印象を与えます。
収納もゆとりがあり、リヤシートを格納すれば、自転車も楽々収納でき、ショッピングを随分と楽にしてくれそうです。
ランニングコスト的には、スペーシアでは、JC08モードで29.0㎞/リッター。
実燃費はカタログ燃費を下回るのは当然としても、それでも、トップクラスの燃費の良さです。
その秘密は、スズキ独自の「エネチャージ」という技術にあり。
減速時のエネルギーを利用して発電&充電し、燃費を良くするもので、カロログにも簡単に図解されています。

カタログに謳われる広さ、機動性、安全性

スペーシアは、英語の「space」に由来し、広いクルマをうたっているであろうことは、英語を習いたての中学生にも想像できそうなものですが、広いクルマといっても、なかなか小気味よい動きをしてくれます。
カタログによると、最小回転半径は4.2mで、これまたトップクラスの取り回しの良さです。
坂道発進も、スズキ独自のヒルホールドコントロールで、スムーズに発進させられます。

スペーシアは、安全面も重視していることは、カタログ上でも強調されています。
スズキ独自のボディー「テクト」は、強い素材と強い構造で、軽量ボディーでありながら万が一の時も衝撃から二重にも三重にも守る仕組みで、安心して運転ができそうです。

人気のスペーシアを安く手に入れる以外な方法

ところでスペーシアを安くお得にゲットする秘策をご存知ですか?
スペーシアはなかなか値引きしないのが常識です。
つまり、そこを攻めてもあまり成果は得られません。
では、どういう方法で安く手に入れるのか?

エコカー減税でもなく、補助金でもなく、ムリな値引き交渉でもないその方法は、ある条件を満たせば誰でも行使することができます。
その方法を使えば、交渉の手間もなく、場合によっては数十万円の違いが生まれたケースも実際にあります。
その方法が使える条件は、下取りに出すクルマがあること。下取り車があるなら今すぐクリック♪→→ズバット車買取比較

IT用語