トップ > カスタム
スペーシア・カスタムの発売は、2013年6月ですが、発売前から、ブログなどでかなり評判が立っています。先行車と目されるパレットの場合もそうでしたが、カスタムはスペーシアに上級装備を装着した格好になっています。 エアロパーツがボディー周りに装着され、内装はブラックを基調とし、ゴージャス感があります。内も外も、相当に磨き上げられた観を呈しています。

スペーシア カスタムの評判

ズズキのスペーシアは、発売早々、人気が高いようです。
軽自動車は、最早ワンランク下のチープなクルマなどではなく、ショッピングにレジャーに、普通小型車との境界は薄れつつあります。
口コミで評判は上々の状況を見るに、グレードアップ版のカスタム車は、内装も外装も、スペーシアをゴージャスにしたバージョンであるのは見かけ上も明々白々で、人気が高まること必定です。
スペーシア・カスタムの発売は、2013年6月ですが、すでに、ブログなどでかなり評判が立っています。
最近では秘密主義の傾向が濃厚(?)のスズキですが、気の早いフアンの間では、早くもネット上で画像が飛び交っている状況です。

さて、気になる値引きの評判ですが、ネットで閲覧できる口コミサイトなどを見ると、値引き総額10万円程度が引き出せれば上々のようです。

「ベンツから軽に変えました!」という投稿名の方の書き込みによれば、「粘れば多少は安くなるかもしれないけれど、金額は知れている。そしてどんどん納期が遅れる」ということですから、深追いはあまり意味がなさそう。
そうそう、両側電動スライドドアはよいらしいですよ。

スペーシアカスタムはこんな感じに

先行車と目されるパレットの場合もそうでしたが、カスタムはスペーシアに上級装備を装着した格好になっています。
エアロパーツがボディー周りに装着され、内装はブラックを基調とし、ゴージャス感があります。内も外も、相当に磨き上げられた観を呈しています。
カスタムは寸法的に、スペーシアと同等です。
ただ、ウィンカーがドアミラーに内蔵されるなど、外観的に洗練された印象を与え、後ろ姿もスタイリッシュで決まっています。
燃費については、JC08モードで29.0㎞/リットル、実燃費が20㎞/リットル前後というのが大方の意見で、カスタム車でも、構造や装備などを考慮すれば同等と目されています。
減速時に発電および充電もするエネチャージなどのスズキグリーンテクノロジーは、スズキの本領発揮といったところです。
スペーシアは、どこかふんわり感があり女性に特に人気が高いようです。対するカスタム車は、さらに走りをも追求した格好で、男性にもアピールするところ大です。

人気のスペーシアを安く手に入れる以外な方法

ところでスペーシアを安くお得にゲットする秘策をご存知ですか?
スペーシアはなかなか値引きしないのが常識です。
つまり、そこを攻めてもあまり成果は得られません。
では、どういう方法で安く手に入れるのか?

エコカー減税でもなく、補助金でもなく、ムリな値引き交渉でもないその方法は、ある条件を満たせば誰でも行使することができます。
その方法を使えば、交渉の手間もなく、場合によっては数十万円の違いが生まれたケースも実際にあります。
その方法が使える条件は、下取りに出すクルマがあること。下取り車があるなら今すぐクリック♪→→ズバット車買取比較

IT用語