トップ > 実燃費
スズキが公表しているところによると、スペーシアの燃費は、JC08モードで29.0㎞/?と、ハイトワゴンの中では、もちろんトップクラスにランキングされます。29と30に肉薄する高数値でありますが、実燃費は当然これを下回ります。

スペーシア 実燃費

スズキが公表しているところによると、スペーシアの燃費は、JC08モードで29.0㎞/Lと、ハイトワゴンの中では、もちろんトップクラスにランキングされます。
29と30に肉薄する高数値でありますが、実燃費は当然これを下回ります。
スペーシアに限らず、実燃費は車の性能以外にも、走り方によっても違ってきます。
はっきりとした数字を挙げることは困難ですが、同じくスズキの軽の仲間であるアルトやワゴンRとの比較を通じて、類推することは可能です。
軽自動車のニーズが一番多いであろう街中ユースで考えて、実燃費は、アルトエコが17〜20㎞/L、ワゴンRが15〜18㎞/L程度というのが大方の意見です。
このことを頭に入れつつも、スペーシアは、燃費が非常に良いと評判が高いので、20に肉薄する程度の数値を取ると考えるのが妥当な線でしょう。

スペーシア実燃費向上にはスズキの省エネ技術が

スペーシアは、一面ではスズキのテクノロジーが濃縮されているようなクルマです。
例えば、独自のエネチャージを搭載し、エンジンの負荷を抑えつつ走りも向上させています。
ボディーも、軽量でありながら、素材も構造も強化された独自の「テクト」を採用し、実燃費向上に直結しています。
さらに、オプションでUV+IRカットフィルムセットで暑さと紫外線をカットし、エンジンの使用頻度を減らせれば、燃費をさらに抑えることが可能です。
ちなみに、高速道路の定速巡航時、ワゴンRの実燃費は24㎞/L辺りとのことですが、スペーシアは、若干下回るものと考えられます。
高速運転時、ハイトワゴンは、空気抵抗を受けやすくなる構造上、やむを得ないのかもしれませんが、室内空間のことも追求された車であり、総合的に見て捨てがたい車だと結論できます。

人気のスペーシアを安く手に入れる以外な方法

ところでスペーシアを安くお得にゲットする秘策をご存知ですか?
スペーシアはなかなか値引きしないのが常識です。
つまり、そこを攻めてもあまり成果は得られません。
では、どういう方法で安く手に入れるのか?

エコカー減税でもなく、補助金でもなく、ムリな値引き交渉でもないその方法は、ある条件を満たせば誰でも行使することができます。
その方法を使えば、交渉の手間もなく、場合によっては数十万円の違いが生まれたケースも実際にあります。
その方法が使える条件は、下取りに出すクルマがあること。下取り車があるなら今すぐクリック♪→→ズバット車買取比較

IT用語