トップ > ナビ
スペーシアのナビは、スマートフォン連携型です。単に行き先を案内してもらうだけのツールに止まらず、アプリを追加して、車の中から多彩な可能性が広がります。

スペーシアのナビはスマートフォン連携型

スペーシアのナビは、スマートフォン連携型です。
単に行き先を案内してもらうだけのツールに止まらず、アプリを追加して、車の中から多彩な可能性が広がります。
スペーシアに取り付けられる「スマートフォン連携ナビゲーション」は、メーカーオプションです。
画面の地図を拡大したり縮小したりといった基本動作も、タッチパネル式でスマホ同様に簡単に操作できます。
スマホに連動させるということは、多彩な情報につながることと同義です。
スペーシアでは、マップルナビが採用され、まっぷるマガジンなど、旅行ガイド約130冊分の情報が詰まっています。
情報は、随時更新されているようで、行き先別や季節に応じた対応など、充実の情報源となってくれます。
他に、ニュース、音楽、お天気情報、WEBラジオなど、多彩なアプリをダウンロードして楽しむことが可能になり、すでにオプションの域を超えています。

スペーシアのナビはバック時にも活躍

ただ、メーカー純正品は、ナビでスマホ側のアプリを動作させる訳ではありません。
車両側の速度情報やGPSを取り込み、画面に反映させるには、スマホよりは車両側で操作を行った方が有利です。
スペーシアのナビは、バック時にも活躍します。
6.2インチのモニター画面に、車両後方の状況がガイドライン付きで表示されるのです。
これなら車庫入れが苦手という人でも、安心して前向き駐車ができます。
車内で電話したくなった時も、スペーシアなら問題ありません。
運転中の携帯での通話は危険行為でありますが、携帯をBluetoothで無線接続すれば、ハンドルを握ったままの状態で通話ができます。
音量は、ハンドル側のオーディオスイッチで調節できるので、よそ見をせず安全運転を可能にしてくれます。

人気のスペーシアを安く手に入れる以外な方法

ところでスペーシアを安くお得にゲットする秘策をご存知ですか?
スペーシアはなかなか値引きしないのが常識です。
つまり、そこを攻めてもあまり成果は得られません。
では、どういう方法で安く手に入れるのか?

エコカー減税でもなく、補助金でもなく、ムリな値引き交渉でもないその方法は、ある条件を満たせば誰でも行使することができます。
その方法を使えば、交渉の手間もなく、場合によっては数十万円の違いが生まれたケースも実際にあります。
その方法が使える条件は、下取りに出すクルマがあること。下取り車があるなら今すぐクリック♪→→ズバット車買取比較

IT用語