トップ > 試乗
走りに関しては、スペーシアはハイトワゴンとは言うものの、重心が低いため、安定したコーナリング姿勢がメリットです。試乗してみれば、普通小型車レベルの快適な走りが実感できるでしょう。

スペーシアの試乗実感は?

スペーシアは、燃費が良くて広く使えるハイトワゴンとの触れ込みで、子育て世代をターゲットにしているものと目されます。
口コミや評論を生業とするプロによる試乗レポートをトレースするだけでも、実際の乗り心地が手に取るように伝わってくるかのようです。
走りに関しては、スペーシアはハイトワゴンとは言うものの、重心が低いため、安定したコーナリング姿勢がメリットです。
試乗してみれば、普通小型車レベルの快適な走りが実感できるでしょう。

スペーシアは、室内空間を広げるための工夫が随所に施されていると言いますが、ゆとりのある空間は、試乗の段階でも分かることです。
視界が広く、最小回転半径が4.2mと、軽らしい小回りのきくメリットは十分に保たれています。

広さ、乗りやすさに高評価

スペーシアは、広いクルマということで評判ですが、それでいて、減速時に発電・充電するエネチャージ、独自開発の軽量かつ高強度のボディー「タクト」の採用で、燃費はJC08モードでクラストップの29.0㎞/Lに達しています。
時速13㎞以下になると自動的にアイドリングストップシステムが作動しますが、試乗者によると違和感を覚えるほどではないとのことで、特に問題はないようです。
ただ、人が感じるキャビンの歪みがあるとのことで、そこさえクリアできればパーフェクトな車たり得ます。
もっとも、坂道などでは若干のパワー不足は否めないようです。
そこは軽の宿命なのかもしれませんが、強風下でも安定感が保てるサス設定は、試乗して初めて実感されることで、スペーシアは捨てがたいものがあります。
広々とした車内に走りをも追求した車は、子育て世代に限定するには惜しいと、試乗者の多くが語る感想です。

人気のスペーシアを安く手に入れる以外な方法

ところでスペーシアを安くお得にゲットする秘策をご存知ですか?
スペーシアはなかなか値引きしないのが常識です。
つまり、そこを攻めてもあまり成果は得られません。
では、どういう方法で安く手に入れるのか?

エコカー減税でもなく、補助金でもなく、ムリな値引き交渉でもないその方法は、ある条件を満たせば誰でも行使することができます。
その方法を使えば、交渉の手間もなく、場合によっては数十万円の違いが生まれたケースも実際にあります。
その方法が使える条件は、下取りに出すクルマがあること。下取り車があるなら今すぐクリック♪→→ズバット車買取比較

IT用語