トップ > スペーシア
2013年3月15日発売がスタートするスズキの新型軽自動車「スペーシア」は人気の背高ワゴン「パレット」がフルモデルチェンジした注目のニューモデル。

スペーシアの記事一覧

スペーシア・・・ズバリ、買いか!?

さて、結局スペーシアは買いなのでしょうか。 ズバリ・・・セカンドカーやママの車としては買いでしょう!! 納期はまだ結構長いそうです、また特別仕様車がGW明けには用意されるようなので。もしファーストカーのダウンサイジング等という用途でしたら少し待ったほうが吉かもしれません。 軽自動車最大の室内空間やク...

スペーシア・・・ズバリ、買いか!?の続きを読む>

ちょっと話はそれて・・・・・・

そう言えば、来年度の新型車から軽自動車にも横滑り防止装置、ESCの搭載が義務化されます。 しかしながら、現状では法改正施行前ということもありESC非搭載車種が多いです。 そこでスペーシアなどの軽にESCが必要かどうかという話をしてみましょう。 そう言えばこういう話ってABSの時にもありましたよね。現...

ちょっと話はそれて・・・・・・の続きを読む>

スペーシアとワゴンRを比較

スペーシアのシャーシはワゴンRと共通です。 ですが、スペーシアは広大な室内空間を実現するために車重は90kgほど重くなっています。 寸法としては 全高が10cm高いだけで他は全て共通です。 室内空間の広さは内装の工夫が大きいわけですねぇ。 また同一シャーシを利用して重量が成人男性一人分より大きい重量...

スペーシアとワゴンRを比較の続きを読む>

スペーシアはファーストカーの夢を見るか 走行性能編

さて、ママにやさしい車として今までスペーシアを紹介してきましたが。 ダウンサイザーやタウンライダーなど、長距離を乗らないパパがメインとして乗れるかどうか考えてみたいと思います。 もちろん男性が足として乗るならばターボですよね。 はい、ここは譲れないですよ。 ちなみにターボ仕様は0〜100km/hの加...

スペーシアはファーストカーの夢を見るか 走行性能編の続きを読む>

スズキ車のボディー剛性

スペーシアを発表し、なかなか好調なスズキさん。 スペーシアも先代のパレットもフロントスタビライザーを装備し、足回りの合成を向上させ、腰高感を抑えたコーナリングが魅力という事なので、ボディー剛性に焦点をあてて私の乗ったことのあるスズキの軽についてお話ししたいと思います。 まず、アルト・ワークス  現在...

スズキ車のボディー剛性の続きを読む>

スペーシアの前車種・パレットの売上

さて、スペーシアは月間約7000台の販売台数を見込んでいます。 しかし7000台といきなり言われてもよくわからないですよねぇ......。 ということで 社団法人 全国軽自動車協会連合会 さんの統計を見てみましょう。 今一番売れている軽であるホンダN BOXが約2万2000台です。 そしてパレットは...

スペーシアの前車種・パレットの売上の続きを読む>

スペーシア大人気だそうです。

さて、ずっと紹介させていただいているスペーシアですが、なかなか大人気だそうです。 各販売店さんも力を入れているようで試乗車を用意しているそうです。 また、とあるコミュニティサイトの見てみると本日3月21日付けの契約で納車はGW開け頃とのことです。 納期1ヶ月半といえばなかなかの人気ですねぇ。 販売台...

スペーシア大人気だそうです。の続きを読む>

名前を変えたくなるほど広いスペース

パレットの後継車として誕生したスペーシアですが、何故パレットという車名を捨ててスペーシアとして再出発させたのでしょうか。 パレットという車自体それなりに好調なセールスを記録していました。 そこで車名を変更してしまうと、一から宣伝しなおしです。 それでは何故車名を変更したのか・・・といいますと、試作車...

名前を変えたくなるほど広いスペースの続きを読む>

子育てに忙しいママに優しい軽、スペーシア

スペーシアには、小さいお子さんを持つ方に優しい気配りが多く見受けられます。 鍵をポケットに入れたままでも施錠と解錠ができる、キーレスエントリーはもちろん、そのままエンジンをスタートできるスイッチスターターもあります。 更にはお子様を抱っこしながらや、買い物袋を抱えたままでもスライドドアをボタンひとつ...

子育てに忙しいママに優しい軽、スペーシアの続きを読む>

スペーシア、安全性にも抜かりなし

今日、日本車で衝突安全性を考えていない車は無いといっても過言ではないでしょう。 軽自動車は衝突時、危険が大きいと言われていました。 現在でもそのサイズの小ささから普通車に比べて危険が大きいことは変わらないでしょう。 ですが、近年車重も重くなり(=車両強度の向上)高強度の部材を使うため衝突安全性はかな...

スペーシア、安全性にも抜かりなしの続きを読む>

スペーシアに用意される新しいスズキのナビ

スペーシアにはスズキの新しいスマートフォン連携のナビゲーションシステムが用意されています。 Bluetoothで接続し音楽を再生させたり。 jigtwiやFacebook、天気予報などのスマートフォンアプリをナビ側で操作したり、スマホで目的地を検索しそれをそのままナビに送ったり・・・・・・ 今まで有...

スペーシアに用意される新しいスズキのナビの続きを読む>

スズキはスペーシアでシェア3割の奪還が出来るのか

2012年、スズキは軽自動車のシェア30%超をたもっていました。 しかし衝突防止機構など軽初装備の最新武装を行ったダイハツムーブ。 個人的にはどこがいいのかわからないホンダ・Nシリーズ等を猛攻により3割を切ってしまいました。 そこで同クラスの他社に大きく負けていた燃費を大幅に向上。 また、後発という...

スズキはスペーシアでシェア3割の奪還が出来るのかの続きを読む>

エネチャージとはどのようなシステムなのか

ワゴンRに搭載され、もちろんスペーシアにも搭載されているこの技術。 燃費が向上するというCMは一見ハイブリット車なのか!? と思わせてしまうようなインパクトがありますが、実際はどのようなシステムなのでしょうか。 簡単に説明してしまうと、ハイブリット車に搭載されている回生ブレーキです。 モーターを回す...

エネチャージとはどのようなシステムなのかの続きを読む>

スズキスペーシア最新のハイトワゴンタイプの走りはどうなっているのでしょうか?

前の記事で私は走りのスズキと表現しました。 スズキの車は値段の割にしっかりしています。 スイフトスポーツに試乗した際も感じたのですが200万円以上の車と同等以上の車体剛性を感じることが出来ました。 そしてそれは軽にも通じるのでしょうか? 残念ながらスペーシアの試乗は叶っていませんが、プレスリリースを...

スズキスペーシア最新のハイトワゴンタイプの走りはどうなっているのでしょうか?の続きを読む>

スペーシアの名前の由来

スペーシアの名前の由来ですが・・・・・・ スペース(空間)からでしょう。 その名の通りこのスペーシアはロングホイールベース化されたワゴンRの2,425mmのプラットフォームを使用し更にはドアピラーや後ろドアの角度を立てることや、内装ではオーディオの配置やインパネの位置まで考えることにより、2,215...

スペーシアの名前の由来の続きを読む>

パレットからスペーシアへ・・・その進化とは

パレット自体、売上の好調な車でした。 しかし、激化する軽自動車商戦を勝ち抜くべくパレットの後継車を開発しました。 私は、スズキといえば「走り」だと思うのです。スズキには隼というスーパーバイクがあります。エコが歌われるこの時代に廃倉庫をドリフトで駆け抜けるCMのスイフトスポーツという日本を代表するコン...

パレットからスペーシアへ・・・その進化とはの続きを読む>

スズキの実用軽ワゴン

ワゴンRやSX4・スイフトで人気のスズキから 「広くて便利、軽くて低燃費の軽ハイトワゴン」 をコンセプトとした。背の高いワゴン型の軽自動車、スペーシアが発売されました。 この車はパレットの後継車ではありますが、大きな軽量化や、足回り、エンジンすべての性能を大きく向上したことをアピールするため、車両形...

スズキの実用軽ワゴンの続きを読む>

人気のスペーシアを安く手に入れる以外な方法

ところでスペーシアを安くお得にゲットする秘策をご存知ですか?
スペーシアはなかなか値引きしないのが常識です。
つまり、そこを攻めてもあまり成果は得られません。
では、どういう方法で安く手に入れるのか?

エコカー減税でもなく、補助金でもなく、ムリな値引き交渉でもないその方法は、ある条件を満たせば誰でも行使することができます。
その方法を使えば、交渉の手間もなく、場合によっては数十万円の違いが生まれたケースも実際にあります。
その方法が使える条件は、下取りに出すクルマがあること。下取り車があるなら今すぐクリック♪→→ズバット車買取比較

IT用語