トップ > 価格

スズキ ワゴンR 価格は約110万円〜

スティングレーやfx、ftクラスになると、スズキの「普及版」ワゴンRと比較して、価格は相応に高くなります。
軽自動車しては高いと感じる人も一部にいるかもしれませんが、スタイリッシュなデザインや走行性能など、一昔前の否定的なイメージは、軽く一蹴せんばかりです。

新車の価格は、スズキのカタログに、グレード別にリストアップされていますが、約110万円から160万円見当です。
走りの面で、NAよりターボ車の方が小気味よい走りを見せてくれますが、価格の方も、当然それにつれて高くなります。

最近では、軽自動車も装備が充実し、コンパクトカーと大差ないような観さえ呈しています。
値引きや諸費用などのこともありますが、価格面においても、スズキ・ワゴンRはコンパクトカーと同レベルと言えます。

価格に対しての性能、価値はあるか?

スズキは、エネチャージやエコクールの採用で、ワゴンRの燃費は従来にも増して向上し、デザインや内装も、進化を続けています。
価格的には同程度でも、運転のしやすさから、スズキの軽の方が優っていると実感されることも往々にしてあるようです。
ただ、ワゴンRといえども軽自動車であることから、ロードノイズなど、足回りが気になるという口コミも、まま見られます。
足回りの問題は高級タイヤと交換すれば、改善されるでしょうが、却って割高になり、軽の価格メリットが半減してしまうでしょう。
ワゴンRは、スズキがハイトワゴンというジャンルを生み出した記念すべきクルマであり、今では5代目を数えるまでになっています。
現在では、中古車市場において、供給量は増加傾向にあるようで、足代わりに使おうと、コンパクトカーに並ぶほど売れ行きは好調のようです。

人気のスズキ・ワゴンRを安く手に入れる以外な方法

ところでスズキ・ワゴンRを安くお得にゲットする秘策をご存知ですか?
スズキ・ワゴンRはなかなか値引きが厳しいということが知られています。
つまり、そこを攻めてもあまり成果は得られません。
では、どういう方法で安く手に入れるのか?

エコカー減税でもなく、補助金でもなく、ムリな値引き交渉でもないその方法は、ある条件を満たせば誰でも行使することができます。
その方法を使えば、交渉の手間もなく、場合によっては数十万円の違いが生まれたケースも実際にあります。
その方法とは?? →→クリック
IT用語