トップ > 燃費

スズキ ワゴンR、燃費の秘密について

初期モデルの頃、スズキのワゴンRは、燃費が少々悪いとする口コミが散見されたようですが、代を重ねるごとに進化し続けています。
5代目となった現在は、NAでJC08モードで28.8㎞/リッター、ターボ車で26.8㎞/リッターと、ワゴンRは悪くない数値に達しています。
スズキでは、燃費向上のために最新技術を次々と投入しています。
エネチャージ、新アイドリングストップ・システム、エコクールといった独自技術は、ワゴンRが、いかにエコに配慮されているか手に取るように分かります。
エネチャージとは、鉛バッテリーに、小型リチウムイオン・バッテリーを搭載し、減速時のエネルギーを活用して蓄電する仕組みです。
貯まった電気は、電装品の作動に充当され、走行中の発電量を賄うことで、ガソリン消費を抑え、燃費も向上するという具合です。

燃費を向上させる地道な工夫

スズキの新アイドリングストップ・システムも、燃費向上の一翼を担っています。
ブレーキを踏んで時速13㎞以下になると、自動でエンジンをストップさせる機構です。
エンジン再始動時には、ブレーキを離すかハンドルを回すだけでよく、特別なスキルなど、いっさい無用です。
また、スズキ独自のエコクールも、燃費向上に貢献しています。
一般に、アイドリングストップ中は、エアコンが停止している状態なのですが、ワゴンRはエコクールにより、アイドリングストップ中も室内を冷やすことができ、ひいてはガソリン消費が抑えられます。

他にも、スズキでは各部における摩擦抵抗の低減を推し進め、強度を確保しつつも、ワゴンR従来モデルと比較し、ボディを70㎏も軽量化させています。
こうした積み重ねにより、ワゴンRの一層の低燃費化が可能になったのです。

人気のスズキ・ワゴンRを安く手に入れる以外な方法

ところでスズキ・ワゴンRを安くお得にゲットする秘策をご存知ですか?
スズキ・ワゴンRはなかなか値引きが厳しいということが知られています。
つまり、そこを攻めてもあまり成果は得られません。
では、どういう方法で安く手に入れるのか?

エコカー減税でもなく、補助金でもなく、ムリな値引き交渉でもないその方法は、ある条件を満たせば誰でも行使することができます。
その方法を使えば、交渉の手間もなく、場合によっては数十万円の違いが生まれたケースも実際にあります。
その方法とは?? →→クリック
IT用語