トップ > 新型ワゴンR

スズキ ワゴンR 新型の特徴

スズキのワゴンRは、2012年秋には、5代目となる新型モデルを発売するまでになっています。
ワゴン車のテイストを持つ軽自動車の走りとして、販売ランキングでも、トップクラスの常連カーです。
新型ワゴンRの代になっても、たっぷりとした室内空間はスズキの基本コンセプトであるようで、初代から連綿として継承されています。
カラフルなメーターに、上級モデルには、レザーステアリングやシボ入り室内パネルなど、新型ワゴンRは、インテリアに重厚な雰囲気が漂いさえします。

新型ワゴンRは、燃費向上が徹底して追求されています。
そのカギとなるのが、スズキ独自のエネチャージ、エコクール、新アイドリングストップ・システムです。
エネチャージとは、減速時のエネルギーを利用して発電し、鉛バッテリーとリチウムイオン・バッテリーに充電する最新テクノロジーです。
蓄えられた電気を利用して電装品を作動させる仕組みで、走行時のガソリン消費を従来モデルにも増して抑えることが可能になります。
電池寿命は、走り方にもよりますが、スズキによれば、10年10万㎞は持つと想定しているとのことで、実質的に廃車時まで持つ見当です。

エコクールも、新型ワゴンRの燃費向上に貢献している技術です。
空調ユニット内に、エアコンの使用で凍る蓄冷材を内蔵し、アイドリングストップ中も、冷たい風をキープする仕組みです。
また、スズキの新アイドリングストップ・システムも、ガソリンのムダ使いの低減に貢献してくれます。
ブレーキを踏んで時速13㎞を下回ると自動でエンジンを停止する仕組みです。
再始動時には、ブレーキを離すかハンドルを動かすだけで、簡単に運転モードに入れます。

人気のスズキ・ワゴンRを安く手に入れる以外な方法

ところでスズキ・ワゴンRを安くお得にゲットする秘策をご存知ですか?
スズキ・ワゴンRはなかなか値引きが厳しいということが知られています。
つまり、そこを攻めてもあまり成果は得られません。
では、どういう方法で安く手に入れるのか?

エコカー減税でもなく、補助金でもなく、ムリな値引き交渉でもないその方法は、ある条件を満たせば誰でも行使することができます。
その方法を使えば、交渉の手間もなく、場合によっては数十万円の違いが生まれたケースも実際にあります。
その方法とは?? →→クリック
IT用語